このウェブサイトはアクティブではありません。訪問いただきありがとうございます。
新着情報
1.記事タイトル、新会社法施行サポートを追加しました。
2.記事タイトル、「メンタルヘルス」「個人情報保護法」「もらい忘れ年金」のメニューを追加しました。
3.記事タイトル、「高年齢者の賃金設計」のメニューを追加しました。
4.中小企業事業主様用小冊子「退職金制度見直しマニュアル無料プレゼント中。期間限定ですので、今すぐお申し込みください。お申し込みください。
5.退職金・就業規則・労務管理など、ご相談・お問い合わせは、こちらからお気軽に。
6.今年4月より、高年齢者雇用安定法が改正施行されます。65歳までの雇用義務化に企業は対応しなければなりません。対策は今のうちです。内容は、こちらをクリック
貴方の会社の退職金制度は大丈夫ですか?
例えば、次のような点はいかがでしょうか?
■今後10年間、あるいは20年間にわたって支払うべき退職金額を把握していますか?
■大量に退職者が出る2007年問題の把握をされていますか、その対応は如何でしょうか?
■今後支払う予定の退職金の資金準備は大丈夫でしょうか?
■退職金の社員に対するインセンティブをどのように考えていますか?
■成果主義などの人事制度と整合性が取れていますか?
■適年の積立不足額を把握していますか?
■適年の廃止に向けて対策を考えていますか?
■各種セミナーに惑わされていませんか?


専門家の立場で、貴方の会社の退職金制度の見直しをアドバイスいたします!
退職金制度(適格退職年金)を何とかしたい!という中小企業の皆様への情報提供です。
「退職金制度見直しマニュアル」無料進呈!
退職金問題を解決するための考え方、制度の見直しの手順等掲載、経営者、人事・総務担当者の方、必見!
会社を守るために経営者はどう対応するべきか、退職金制度の問題点から実践的な解決方法まで知ることができます。
手遅れにならないよう今すぐお申し込みを!
お申し込みは、こちらをクリック

退職金制度を見直すためには、その前提として制度の現状分析が絶対に欠かせません。
その後、実際の見直しに取り掛かる必要があります。
今が見直しのチャンスです。退職金制度の改革は待ったなしです。
退職金倒産を回避し、雇用を守る必要があります。自社に適合した制度に早急に改革してください。社員感情に配慮した合意形成により、退職金の水準訂正も可能です。
当事務所では、現状分析を原則無料でさせていただいております。
お申し込みは、こちらをクリック

その他このサイトは、貴方に退職金問題の解決策をわかりやすく、結果が出るようにお伝えします。
私ども事務所は、中立的な立場で、実務的にコンサルタントいたします。
疑問に思うこと、相談したいことなど、なんでも結構です。
お気軽に、こちらをクリックしてください。


平成18年4月から高年齢者雇用安定法が改正・施行されます。
貴方の会社は既に対策を済ませましたか?
まだお済でないのでしたら、早急に対策が必要です!


同法による義務化の内容
■定年延長
■再雇用制度
■定年廃止


上記のうち、多くの企業が採用する再雇用制度の場合、原則として希望者全員を再雇用の対象としなければなりません。
ただし、中小企業は5年、大企業は3年間は激変緩和措置として、対象者を選別する基準を設けることができます。
しかもこれができるのは、今のうちだけなのです。

今のうちに、しっかりした対策を立てることで経営上種々のメリットがあります。
■人事制度・退職金制度の構築により、
・優秀な高齢者の確保・活用
・組織全体の活性化
・会社全体の人材の育成
■公的年金等を併用した賃金制度の構築により
・人件費の抑制
■所定の要件を満たすことにより
・助成金の受給


このまま何もしないで放置しておくと、
(罰則はありませんが)
■職安の助言・指導・勧告→企業名の公表
■無条件で希望者全員を雇用延長!
■労使トラブルの発生


さらに詳細な内容については、こちらをクリック
ご相談・お問い合わせはこちらをクリック


会社業績向上のための就業規則を作りませんか!
貴方の会社の就業規則は?
■モデル就業規則を使っている。
■就業規則の見直しを2、3年やっていない。
■雛形を少し手直しをしただけのものを使っている.
■就業規則があるのかどうかわからない。
■最近の法改正(労働基準法、男女雇用機会均等法、高年齢者雇用安定法、育児介護休業法、個人情報保護法、労働安全衛生法など)に対応していない。


このような状態であれば今すぐにも!
⇒貴社独自の社内ルールとして明確化しましょう!
⇒社員全員に周知し、会社組織の一体感の醸成を図りましょう!
⇒問題社員を自然淘汰することができます。
⇒会社の理念や方針に沿った就業規則を作ることにより、経営計画が実行しやすくなります。

さらに詳細な内容については,こちらをクリック
ご相談・お問い合わせは、こちらをクリック


申し遅れました。当サイトを運営しております「おおばやし社会保険労務士事務所」の大林史宜と申します。

現在、企業は多くの経営リスクを抱えておりますが、当事務所はこうしたリスクについて就業規則、人事・賃金制度、労務管理、労使間のトラブル、労働災害等あらゆる面から実証し、「会社の発展と社員の幸せの追及」を目指してお手伝いいたします。
特に現在、大問題となっている公的年金と同様に、老後の生活手段としての退職金に関する問題は、もはや人事・労務問題ではなくて経営問題になっています。
こうしたことから、退職金のセミナーが一種のブーム現象になっていたり、金融機関の保険商品の売込みが激しくなっていますが、それらの多くは、大企業向けで中小企業には適合しないものであったり、問題の本質的な解決よりも単なる商品の売り込みであったりします。
私どもは、中立的で自由な立場の実務家として、実践の中で培った正確な情報を提供するとともに、問題解決のノウハウを提供し、単なる適格退職年金の移行手続きの処理だけではなく、大元の退職金制度の根本的な見直しをすることで、貴社の「発展」を図るべく尽力いたします。

また、就業規則については、それが企業防衛のための基本的な手段であり、会社の憲法であるという認識のもとに、それぞれの会社の理念を踏まえ、実態を反映した、オリジナリティの高い、当事務所独自の「会社業績向上のための就業規則」作成に注力しています。
当事務所では、微力ながら、相談される方、依頼される方のお役に立てるよう、今後とも迅速・丁寧・誠実なサービスの提供に努力したいと考えております。
業務地域は限定しておりません。

皆様方の忌憚のないご意見をお聞かせいただければ幸いです。
トップページ相互リンク

蚊口賢一税理士事務所&社会保険労務士事務所
大阪市西淀川区。パソコン会計&給与(弥生会計・会計王&弥生給与・給与王)の導入・活用を支援し、税務と労務をトータルサポートします。

総務の森.com

財布保険見直しのお救急隊

■ 相互リンク募集中!

相互リンクご希望の方は下記要領でリンクを張っていただき、メールにて貴サイトの?タイトル?URL?紹介文?相互リンクしていただいたページのURL、をご連絡ください。
タイトル:退職金のことなら、おおばやし社会保険労務士事務所
URL:http://www.sr-oobayashi.jp
紹介文:今問題の退職金について、制度の見直しをお手伝いするサイトです。

なおリンク作業は迅速に行っていますが、しばらくの遅れはご容赦願います。